静岡県 一般貨物・旅客自動車運送事業許可申請 ヤマト行政書士事務所

整備管理者になるには

整備管理者になるには

整備管理者とは

整備管理者とは、自動車を利用し事業を行う場合、自動車の点検・整備及び自動車車庫の管理をつかさどる一定の要件を備える有資格者を言います。

□ 日常点検について実施方法を定め、自己又は運転者等に実施させる。
□ 日常点検の実施結果に基づき、自動車の運行の可否を決定すること。
□ 定期点検について、その実施方法を定め、自己又は整備工場等に実施させること
□ 上記以外の随時必要な点検について、自己又は整備工場等に実施させること
□ 日常点検・定期点検・随時必要点検の結果から判断して必要な整備を
自己又は整備工場で実施すること。
□ 定期点検又は全豪の必要な整備の実施計画を定めること。
□ 点検整備記録簿その他の記録簿を管理すること
□ 自動車車庫を管理すること
□ 上記掲げる業務処理のため運転者及び整備要員の指導監督すること

         整備管理者の解説

整備管理者の必要な自動車使用者

整備管理者の選任が必要な使用の本拠の自動車台数

事業用
バス        (乗車定員11人以上の自動車)  1台以上
トラック、タクシー (乗車定員10人以下の自動車)   5台以上

自家用
バス (乗車定員11人以上の自動車)  1台以上(乗車定員30人以上)
バス (乗車定員11人以上の自動車)  1台以上(乗車定員11~29以下)
大型トラック等 (車両総重量8トン以上) 5台以上

レンタカー
バス (乗車定員11人以上の自動車)    1台以上
大型トラック等 (車両総重量8トン以上) 5台以上
その他の自動車            10台以上

貨物軽自動車運送事業用自動車
軽自動車又は小型二輪自動車      10台以上

整備管理者資格取得方法

整備管理者資格を、取得するには二種類の方法があります。

□ 1級・2級・3級の自動車整備士技能検定に合格する。

□ 整備管理を行う自動車と同種類(2輪・2輪以外)の点検もしくは整備又は整備の管理に関する2年以上の実務経験を有し、かつ、地方運輸局長が行う研修を修了した者であること。

点検もしくは整備に関する実務経験とは
①整備工場等で整備要員として点検整備業務を行った経験(工員作業経験、技術上の指導経験含む)
②自動車運送事業者の整備実施担当者として点検整備業務を行った経験

整備の管理に関する実務経験とは
①整備管理者の経験
②整備管理者の補助者(代務者)として車両管理業務の経験
③整備責任者として車両管理業務を行った経験

地方運輸局長が行う研修を修了した者とは
運輸局ごとに実施している整備管理者選任前研修受講者のことだ。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional